読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目標設定② おやゆび姫

私の行動の一部を

《童話 おやゆび姫》に例えてみます☆

 

✨チェックはココ✨
目標は
【ラッキー体質になるための訓練だと思え】

 

《おやゆび姫の特徴》
❤️いつも空想にふける
・現実を見ないようにする
・未熟であることから目をそらす。

❤「分からない」が口ぐせ
・周りの人が何でもやってくれた
・反対に。人の期待通りに行動し過ぎた
・⇧の環境により、決断や方法が自分では考えられない
・自分より他人の意見が安全
・ダメな自分でいることが安全

❤「ネズミさんの言う通りにします」
❤「ネズミさんが言うなら安心です」
・人に決めてほしい
・自信溢れる人に守られたい、頼りたい
・他人に責任をとってもらいたい心理が隠れている

❤「逃げ出したい。…でも!」
・希望より不安がまさり、行動できない
・やりたい事をしている自分が想像できない
・物事を大袈裟に考え、人生を難しくする

❤「始めたけど。止めたくなる。止めた」
・変化するのは怖い
・恐怖や不安しかない
・予測していたものとは違うとパニックになる。不安が勝る

❤「今の環境は嫌だけど…でも…」
・環境を変えるのは怖い。それなら今がマシ
・変化は予期せぬ出来事と同じ
・退屈でも同じ作業が安心する

❤️「春になればスズメさんくる。その時に連れ出してもらおう」
・現状を変える努力をせずに待つ

❤「こうなると思ってなかった」
(王子様との結婚生活や、花園の生活が思ってたものと違ったら)
・人や未来、目標を客観的に見れていない
・自分が問題を作り出していることに気付いていない
・こうなったのは、周りの人や環境が悪い。私は被害者だと思う


✨目標の設定のやり方✨
おやゆび姫は

【全て自分の創造の中で】
・できない理由
・ダメな自分だから
・難しくてしている
・飽きてくる
・最終的にやらない
を創り出します。現実逃避してるんですね。
これは日常茶飯事の事で、意識しないと気付けません。

 

①今の自分の力量で出来る【小さい事】で
②【必ず行動】に移せる事を
③【期限】を決めて
④それだけに【集中】してやる!
・目につく場所に紙を貼る
・スケジュールアプリのアラーム機能を使用
⑤やってみたい。頑張ってみる。できれば。


やる。やらない。する。しない。

【断定的な言葉】に変える

 

❤️最終的にはダメな自分を証明の減らしていくこと
❤️気を付けなければいけないのは、最近言われている「ワクワクすること。自分の好きな事だけする」を

「やらない理由」や「ダメな自分の証明」に使わないことです!
❤️嫌だ。苦手だと思ってる事に、あえて挑戦してみるのも⭕️
❤️私が実際にやって効果が絶大だったのは、おやゆび姫のような人から離れたこと。
ネガティヴをちちくり合ってる(笑)ときは気分が良いと感じますが、そのあとは確実に気分もエネルギーも運気も落ちます。